読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本のディープな街、路地、酒場

日本のディープな街、路地や路地裏、酒場をレポートします

大阪のディープな街 福島

またまた大阪ですが、最近大阪のディープエリア、西成、十三、京橋の辺りは大部開拓して新しいところをと思い仕事先で大阪の人に聞いて「福島」という駅に行ってきました。実は「福島」は過去にも一度行った事がありました。大阪の有名なファッションカルチャー誌「カジカジ」さんの発行元がある場所です。場所的にはJRの大阪駅の隣で、関東人なら歩いて遠く感じない上野~御徒町くらいの距離でしょうか?

夜の雰囲気はこんな感じです。

f:id:rojisakaba:20170212205334j:image

東京に帰るまで、時間がちょっとあったので、まずは近くにあったお店にいきました。

大阪って一人で行ってもいつも誰か話かけてくる感じですが、一軒目はちょっとアウェイな感じでした、、携帯充電させて頂きましたが、なんとなく距離感を感じ充電終えたとこでお店でました、そして写真でもうつる「とらや」さんに。

駅出てかなり気になってましたが、かなりプロの常連沢山な感じで、まず一杯キメテからじゃないと厳しいかなと思い二軒目で。

入るとテキパキした、ご夫婦が常連さんをさばきながら注文を聞いてくれました。

メニューはどれも安く、「レモンチューハイ」350円と、200円くらいのおつまみをチョロチョロと。結構美味しかったです。

 お店はこんな感じ

f:id:rojisakaba:20170212210514j:image

 とはいえ、なかなか毎日来てる常連さんになかなか溶け込めず、、黙々と飲んでたら隣のおじさまがエロ本的なものを開き始め(笑)

ちょっと覗かせてもらったら急に他のお客さんとの距離も縮まりました(笑)

どうも来店時から「関東人」感があったらしく、、エロ本一緒に見始めたら距離が近くなるとは(笑) 一応女性客もいましたが、、

なんだかんだ気分良くなり、ちょっと沢山飲んでたらお店の人が酔い加減を見てるらしく、「もう、あかん!帰りや~」と言われました。常連さんにも同じ対応をするらしく、お客さんをおもってなんでしょうね。

確か、もう30年以上続けてるとの事でしたので、酒飲みの具合もすぐわかるんでしょうね。

最近お笑い芸人の「千鳥」が来て番組に映ったとお客さん達が誇らしげに話してたのが微笑ましかったです。

またこのお店には行きたいと思います。